子宮がん検診関連まとめサイト
子宮がん検診関連まとめサイトのご紹介

子宮がん検診の基礎知識!

子宮がん検診では、子宮頸がんの有無を検査する事ができます。
子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウィルス)が原因となって生じるがんで、5〜10年かけてゆっくり増殖していくのが特徴です。
子宮がん検診の対象となるのは、20歳以上の女性です。2年に1回の隔年で検査を受けるのが一般的です。検診内容は、問診、視診、細胞診、内診(生殖器の内部検査)コルポスコープ検査(膣内に拡大鏡を挿入する)、などがあります。
実施されているのは地方自治体(都道府県、市町村、東京23区の特別区)、保健所、対がん教会の支部、などです。
検査結果は検査から10日〜1ヶ月後に文書通知されます。
一次検診で異常の有無を検査して、異常が見つかると二次検査が必要になります。二次検査では異常なしか良性の病変ならば経過観察となり、子宮がんと診断されるとそれが確定診断になります。
定期的に子宮がん検診を受けることにより、がんの前段階で診断できる確率が高くなります。

子宮がん検診についての疑問を解決!

つい避けてしまいがちな子宮がん検診ですが、実は受けることを推奨している地域は多いのです。検診を受けることで早期発見早期治療がとても望ましいからです。では子宮がん検診とはどようなことをするのか。まず、問診で最近の身体の調子や病気に関する質問をしていきます。その時に生理周期や月経状況、妊娠・分娩の経歴などを聞かれます。不正出血の有無や検診受診歴など聞かれることを自分自身で把握しておきましょう。その後視診、内診、細胞診となります。視診ではおりものの状態や炎症の有無を目で確認します。内診は腫れや腫瘍などができてないかを調べるのです。細胞診では子宮入口付近の細胞を摂取して病気の有無を調べますが、これは顕微鏡を使ってするので結果が出るまでに時間がかかる場合が多いです。細胞診でがんになる前の細胞を発見することもできます。月経直前や直後は目的とする細胞が取れない場合があるので避けましょう。早期発見によって短時間でのちy楼が可能な場合もありますので定期的に検診することをおすすめします。

 

子宮がん検診お探しならマーソ(MRSO)でカンタン検索!カンタン予約!